風水での龍の置物の効果と置き場所【体験談】

風水での龍の置物の効果と置き場所【体験談】

風水での龍の置物の効果と置き場所

https://admin.shopify.com/store/iwailoft2012/products/7830339158154

「家の玄関」「お店の出入り口に置く」のがよいです

①玄関

前述した通り、風水で龍の置物の最適な置き場所は「玄関」です。

風水では、玄関は気の入り口と考えるからです。

玄関(入り口)に置くことで、龍の気(上昇の気)が家中に巡ります。

運気上昇、金運、財運を招き入れる風水です。

向き

玄関から入って右側に置いてください。

右側に置ける場所がない場合、台などを用意して、工夫して置いて頂ければと思います。

更に、龍の顔を家の中央に向けると最高です。

②リビング

リビングも龍の置物を置くのに良い場所です。

家族の幸運、家運の繁栄を意味します。

特に、リビングに家族が集まるなら尚よい場所です。

リビングでの置き方

リビングの中心からみて、東側に龍の置物を置いて下さい。

そして、龍の顔は家の中心に向ければOKです。

③寝室

寝室に龍を置く事は、心身のエネルギーを回復させる意味があります。

なぜなら、龍を寝室に置くことで「生命力に力を注ぐ、英気や活力を育ててくれる」と考えるからです。

具体的には、生命力にあふれ、生きるものすべてがエネルギーに満ち満ちるのです。

ストレス、不眠、疲れがとれない…

子孫繁栄、パワーが欲しい…

活気を取り戻したい方におすすめの置き場所です。

寝室での置き方

寝室でも、リビングを中心にみて部屋の東側がよい置き方です。

また、寝室に入って右側に置くのも○。

龍の顔の向きは、寝室の中央に向ければOK。

健康運、仕事運アップにチカラを注いでくれる置き方です。


風水での龍の置物の効果

龍の置物の主な効果は豊かさに繋がる「上昇」と「繁栄」です。

風水で龍は気そのもの。

龍の気が家を巡ることで、家運がよくなり、繁栄すると考えます。

「人生をよい方向へと変えていける」

背中を押してくれる、後押ししてくれる感覚です。

具体的な効果をいうと「健康運、金運、財運、子供の成長」となります。

龍の置物の具体的な効果

  1. 健康運
  2. 金運、財運
  3. 子供の成長

詳しく解説します。

健康運

健康運の効果は「悪病退散」と「若々しさ」です。

悪病退散

龍は「悪病を退散させるのを達成させる」という意味があります。

つまり、病気平癒のお守りです。

龍自体が難病退散の象徴なのです。

 

若々しさ

龍がもたらす若々しさとは、心身をサポートする意味があります。

「元気を回復させる、気分一新、リフレッシュ」です。

よい気が得られるので、心と身体の意識を切り替えることができます。

金運、仕事運

金運、仕事運とは、元気に働いて金運を引き寄せるです。

つまり、仕事から金運アップに繋げる効果です。

龍には若々しさが備わっているので、仕事運との抜群の相乗効果を発揮します。

また、心と身体をサポートする意味もあるので、とても心強い風水グッズです。

金運アップを狙うなら、家の主の書斎や仕事部屋に置くのもよい場所です。

子供の成長

龍には「スクスク育つ、成長、発展の意味があります」。

ですので、子供の成長をサポートすると考えます。

具体的にいうと「発想が豊かになる、感性が養われる」です。

気の流れが良くなることで、考える力の向上、積極性をもたらします。

お店での風水の龍の置物の効果と置き場所

お店での龍の置物の効果と置き方を簡潔にいうと…

  1. 効果は「商売繁盛」
  2. 置き場所は「お店の出入り口」

詳しく解説します。

効果は商売繁盛

「お店にお客さまが入ってくる、賑わう」といった効果です。

龍の置物は、繁栄の意味があり、お店の活気、繁盛、発展を発揮します。

イメージとしては、龍の繁栄の気が店内にうるおい「増える、伸ばす、成長する」3つの気を取り込めます。

お客さまが集まりやすい環境を作ることができる風水です。

お店に置く場所

お店に置く場所は2ヶ所。

・お店に入って右側
・レジの横

お店に入って右側

龍ととても相性がよい最高の場所です。

右側に置く場所がないからといって、床に直接置かないように。

龍の置物が置ける場所を作るのがよいです。

〔龍の玉なら台に置いているならOKです〕

レジ横

レジの横、レジ周辺もよい場所です。

龍の顔をお店中央に向ければOK。

更に、店内は明るく、清潔にすれば、より完璧に龍の気の恩恵を受けることができます。

  • 本記事は以上となります。
さっそく、龍の置物を効果的な場所に置いてくださいね。
Back to blog

Leave a comment