1 of 2

茶器・コーヒー用品を選ぶ - IwaiLoft

IwaiLoft 新作 2層耐熱ガラス コーヒーサーバー コーヒーポット ガラスサーバー 350mL ドリッパーコーヒー コーヒー用品 珈琲 コーヒー器具 おしゃれ 北欧 母の日 父の日 プレゼント 珈琲ギフト

IwaiLoft 新作 2層耐熱ガラス コーヒーサーバー コーヒーポット ガラスサーバー 350mL ドリッパーコーヒー コーヒー用品 珈琲 コーヒー器具 おしゃれ 北欧 母の日 父の日 プレゼント 珈琲ギフト

Regular price $20.00 USD
Regular price $32.00 USD Sale price $20.00 USD
Sale Sold out
Tax included. Shipping calculated at checkout.
View full details
350mL インテリアのように美しいガラスサーバー。注ぐ目安になる目盛りと手にフィットする取手。



おしゃれかつ機能なコーヒーサーバー
【IwaiLoft iw-gco350】

★耐熱ガラス製コーヒーサーバーは洗浄が簡単で、
食器洗浄機にも対応しているため、
再利用可能で耐久性があります。
V字型の広い水出口の設計、
スムーズな水注入、鋭い水カット、滴りなし。
鍋の底は滑らかで安定していて、
縞模様は美しくデザインされています。
大きくて頑丈なハンドル、安全で信頼性の高い。
コーヒードリップに使われるだけではなく、
ミルク、ジュース、お茶の容器にとっても便利です。
家庭、オフィス、カフェにも適用し、
同僚、友人、家庭へのプレゼントとして最適な選択です。
香りや味ではなく、よりスッキリ、
シャープな雰囲気を醸し出し、
優雅なコーヒータイムを楽しめる。★

商品詳細 Handmade Glassware
〜手づくりにこだわっています〜
商品名 2層耐熱ガラス コーヒーサーバー
商品品番 iw-gco350
品質表示

材質:耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)
容量:300mL
重量(個箱含む) 400g
サイズ: 本体95mm*全体高さ170mm

備考 食器洗浄※・乾燥機OK
耐熱ガラスなのでキャンドルウォーマーや電子レンジで使えます。
本体のみ電子レンジ使用可
使い方の提案 1、【ドリッパーをカップに乗せる】フィルターからサーバーもしくはカップに乗せ、安定させてから人数分の豆を入れます。粗挽きがおすすめです。
2、【ゆっくり注ぐ】はじめはサーバーにコーヒーが落ちないように全体にゆっくり熱湯を注ぎます。
3、【じっくり蒸します】しばらく蒸しますと段々とドーム型に膨らんできます。(新鮮な豆ほど大きく膨らみます)
4、【さらに熱湯を注ぐ】最大に膨らみ切ったところでゆっくり、できるだけ細く熱湯を注ぎます。こちは中心に”の”の字を書くようにゆっくりと。予定の分量を抽出したらサーバーから降ろしてください。
ご注意事項 ・当店の商品は全て国内から配送されます。
・国内配送の商品は国内でのお買い物と同じく消費税が発生いたします。関税はかかりません。
・色がある場合、モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合がある。
電子レンジでのご使用の注意 ※電子レンジで使用する際は茶こしを外して下さい。
※空の状態で使用しないで下さい。
※突然一気に煮沸して激しく吹き出す恐れがあります。電子レンジから本体を取り出す際は鍋つかみ等を使用し、顔などを近づけないで下さい。
※電子レンジご使用後は鍋敷き等の上に置いて下さい。
※電子レンジをご使用前は、本体の水滴を拭き取って下さい。
☪安全・安心 当該商品は「日本食品検査」を受けましたので、ご安心にお使えいただけます。♪⇒徹底した品質管理で国際規格のISO認定工場。出荷前に専門のスタッフがしっかり検品して出荷いたします。ご購入後、万が一商品に不具合がある場合(初期不良など)は、30日以内に無償で交換いたします。
ガラス製品を長くお使いいただくコツ ※ガラス食器は、製造過程上、ゆがみ・表面の細かいキズ・細かい気泡・底部及び側面のシワ跡・冷却時の水滴汚れ・曇り現象のような状態が若干発生します。これらは使用上商品の特性を減少させるものではございませんので安心してお使いください。この状態での返品交換は承っておりません。

●電子レンジ等で加熱したあと取り出すときは冷たいところを避け、布や木など熱の緩衝してくれる素材の上に置きましょう。
●食器洗浄機はメーカーによって水圧や温度が異なるため、おすすめしません。
●サイズは平置きとなりますので、スタッフ間で統一、徹底はしておりますが、若干の誤差がある場合がございます。
●ガラスは、引張り応力により破損する。耐熱ガラスを含めガラス製品を長く使うためには、金属でたたいたり、陶磁器等硬いものとぶつけたり、研磨剤入りスポンジでこすったりなどせずに、できるだけキズをつけないようにすることが大変重要なポイントになります
●ガラスを含めほとんどの物質は、加熱され温度が上がることによって膨張し、冷やされることによって収縮する。熱による破損は、ほとんどの場合急冷や急加熱により発生する。耐熱ガラスは、熱による膨張・収縮が非常に小さくなっているため、この膨張・収縮による各応力の発生を小さく抑えることができ、熱に強くなります
●ガラスが割れる時は、必ず引張り応力側の面についたキズを起点として破損します。キズが強い (深い) ほど小さな応力で破損します。傷は使用を繰り返すうちに成長し(深くなっていく)、ガラスの強度は低下します

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

新着商品(New Arrival)

1 of 12